心に響く言葉 柳生 宗矩 の名言集・格言集

名言・格言

柳生 宗矩ってどんな人?

 

柳生 宗矩(やぎゅう むねのり)は、江戸時代初期の武将、大名、剣術家。徳川将軍家の兵法指南役。大和柳生藩初代藩主。剣術の面では将軍家御流儀としての柳生新陰流(江戸柳生)の地位を確立した。

引用 ウィキペディアの執筆者,2021,「柳生宗矩」『ウィキペディア日本語版』,(2021年4月22日取得)

詳しくはWikipedia

柳生 宗矩の心に響く言葉


 

平常心を持って

一切の事を成す人、

これを名人というなり。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

乱れたる世を治める為に、

殺人刀を用ゐて、巳に治まる時は、

殺人刀即ち活人剣ならずや。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

治まれる時乱を忘れざる、是兵法也。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

刀二つにてつかふ兵法は、負くるも一人、勝つも一人のみ也。是はいとちいさき兵法也。勝負ともに、其得失僅か也。一人勝ちて天下かち、一人負けて天下まく、是大なる兵法也。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

無刀とて、必ずしも人の刀をとらずしてかなはぬと云ふ儀にあらず。又刀を取りて見せて、是を名誉にせんにてもなし。わが刀なき時、人にきられじとの無刀也。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

兵法は人をきるとばかりおもふは、

ひがごと(心得違い)也。

人をきるにはあらず、悪をころす也。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

刀剣短くば一歩を進めて長くすべし。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

小才は縁に逢って縁に気づかず、

中才は縁に逢って縁を活かさず、

大才は袖触れ合う他生の縁もこれを活かす。

<柳生 宗矩の名言・格言>

 


 

 

名言・格言
coco+ word

コメント

タイトルとURLをコピーしました