心に響く言葉 ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー の名言集・格言集

名言・格言

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーってどんな人?

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー(Johann Gottfried von Herder, 1744年8月25日 – 1803年12月18日)は、ドイツの哲学者・文学者、詩人、神学者。

カントの哲学などに触発され、若きゲーテやシュトゥルム・ウント・ドラング、ドイツ古典主義文学およびドイツロマン主義に多大な影響を残すなどドイツ文学・哲学両面において忘れることの出来ない人物である。優れた言語論や歴史哲学、詩作を残したほか、一世を風靡していたカントの超越論的観念論の哲学と対決し、歴史的・人間発生学的な見地から自身の哲学を展開し、カントの哲学とは違った面で20世紀の哲学に影響を与えた人物としても知られている。

引用 ウィキペディアの執筆者,2020,「ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー」『ウィキペディア日本語版』,(2021年4月14日取得)

詳しくはWikipedia

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの心に響く言葉


 

労働とは、美徳の源泉である。

< ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言・格言>

 


 

機会がなければ、強者の手といえども鎖につながれたのも同然だ。

爪をとられた獅子は、力がなんの役に立とうか

< ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言・格言>

 


 

金持ちの病気と貧乏人の酒は、遠くにいても聞こえてくる

< ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言・格言>

 


 

われわれの年齢は植物のそれである。

芽をふき、成長し、花を咲かせ、しぼみ、そして枯れる

< ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言・格言>

 


 

どんな女の過失も男の責任である

< ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言・格言>

 


 

不幸に直面したときに、友だちがわかる

< ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言・格言>

 


名言・格言
coco+ word

コメント

タイトルとURLをコピーしました